LINEで送る
Pocket

こんにちは、ICS createのスタッフA 子です。
せっかくのお知らせページなので、私たちの楽しいお仕事をお話しして
サイネージの魅力が伝わったら良いな〜と思い、記事を更新してみます!
今後もちょこちょこ更新していきますので、是非おつきあいくださると嬉しいです。

さて、早速先日の出来事!
新しいサイネージ導入のため、ガラス面に映し出すサイネージの実験をしてみました!
実験場所は我々の秘密基地の窓です。
天気はあいにくの曇り空。ですが、サイネージを映し出すにはピッタリのお天気!
薄いスクリーンを通して、ガラス面にコンテンツを映しています。

近い

場所は、二階の窓なのですが、真下の方から見ますと......少し、コンテンツの鮮やかさが減りますね。

離れて

道路を挟んで、真っ正面の方から見ますと、先ほどよりかはハッキリ!
角度って重要なんですね。動くコンテンツを流しているので、凄く面白いです!!
道路を挟んで「ほぉ〜〜 凄い......」なんて眺めていたので、運転していたドライバーの方もチラチラと私たちの視線の先が気になるよう......。
窓ガラスに動くコンテンツが映し出される。もっと広々とした場所でやると、インパクト大ですね。
ただ、今回は天気が薄暗かったのでハッキリ見えましたが、晴れ間だと見えづらいかもです。ただの窓ガラスになってしまいそう。
そのあたりが今後の課題でしょうか! またはスクリーンにもっと工夫出来たら良いのかな?
ガラスサイネージ、奥深し。

LINEで送る
Pocket